コラム ”今知っておきたいこと ~多様化するCADCAM用歯科修復材料~”
                    伴 清治 先生(愛知学院大学歯学部)

はじめに

1、有機系CAD/CAM用材料

2、金属系CAD/CAM用材料

3、セラミックス系CAD/CAM用材料

4、歯科用ジルコニア

 CEREC1はチューリッヒ大学のMörmannらが1985年に世界で初めて開発した歯科用CAD/CAM装置であるが、Densply社はDicor MGC(雲母70%、ガラス30%)というガラスセラミックスを1986年に提供した。一方、Vita社は同年に長石系セラミックスであるVitablocs、1992年には改良型であるVitablocs Mark IIを提供した。以来、ガラスセラミックスが歯科用CAD/CAM材料の中心であった。その後のCAD/CAMシステムの発展は目を見張るものがあり、この20年余りの間に歯科修復物製作技法・材料は革命的に進化した。現在のCAD/CAMシステムは大きく分けて、スキャナーおよびCADソフトウェアーからなるCAD(Computer-aided-designing)システムと、切削加工またはAM(Additive manufacturing)を行うCAM(Computer-aided-manufacturing)システムの2つで構成されている。AM法の場合は特定の材質のものだけが使用可能である。一方、切削加工の場合、材質の制限はなく切削可能なブロックとして装置に固定さえできれば、金属、レジン、セラミックスの何れでも使用可能である。今回は、CAD/CAMシステムで使用する歯科修復材料の多様性と各材料の特徴について説明する。

 

 

著者略歴

伴 清治 先生

伴 清治 先生
愛知学院大学歯学部歯科理工学講座 非常勤講師(教授級)


< 略歴 >

1976年      名古屋工業大学大学院工学研究科修士課程 修了
1976~1982年  株式会社東海理化電機製作所
1982~2001年  愛知学院大学歯学部歯科理工学教室 助手、講師
1988~1989年  フロリダ大学歯学部客員講師
2001~2003年  鹿児島大学歯学部歯科理工学講座教授
2003~2010年  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科教授
2010年~     愛知学院大学歯学部歯科理工学講座非常勤講師 現在に至る


< 主な著書 >

ジルコニアの歯科材料学入門 補綴臨床、2013~2014 ほか